法という企て

井上達夫 著

法とは何か。本書はこの問いを問い、それに一つの解答を提示する試みである。本書の解答を一言で要約するなら、法とは「正義への企て」である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 法理念論-法とはいかなる企てか(「正義への企て」としての法
  • 法の支配-死と再生)
  • 第2部 法存在論-法はいかにして存在しうるのか(法の存在根拠は決定か正当化か-ケルゼンを突き刺すルール懐疑の毒牙
  • 法の存在と規範性-ドゥオーキンにおける法の存在性格)
  • 第3部 法動態論(1)-立憲主義の葛藤(法・政治・論争-立憲主義の法哲学
  • 司法的人権保障の現代的課題)
  • 第4部 法動態論(2)-法価値の現代的発展(自由と平等の現代的諸相-憲法学との対話
  • 共同体と責任-不法行為法における共同体的正義論の意義と限界
  • 公正競争とは何か-法哲学的試論
  • 法は人間を幸福にできるか?)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法という企て
著作者等 井上 達夫
書名ヨミ ホウ ト ユウ クワダテ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2003.9
ページ数 302p
大きさ 22cm
ISBN 4130311735
NCID BA63661805
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20495515
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想