古文表現法講義

出雲路修 著

古語辞典と高等学校までの文法知識とを駆使して、平安時代の物語表現を試みる。添削の実例に沿いながら、物語文学の特質を平易に解説。古典との距離を縮めるために「さらばつくれかし」。これまでにない実践的な入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 つひにゆく道-物語のかたち
  • 2 むかし男ありけり-物語の叙述1
  • 3 つれづれなぐさむもの-実作集1
  • 4 かきつばたといふ五文字を-物語のしかけ1
  • 5 女の御心をやる物-物語の叙述2
  • 6 このいつはりどもの中に-実作集2
  • 7 ゆきのふるらむ-物語のしかけ2
  • 8 日本紀などはただかたそばぞかし-実作集3
  • 9 とぞ、本に-まとめにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古文表現法講義
著作者等 出雲路 修
書名ヨミ コブン ヒョウゲンホウ コウギ
書名別名 Kobun hyogenho kogi
シリーズ名 岩波テキストブックス
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.9
ページ数 244p
大きさ 21cm
ISBN 4000280333
NCID BA63661055
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20486243
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想