人力車が案内する鎌倉

青木登 著

最近、どこかの街角で、人力俥が通りすぎるのを見たことがないだろうか。まるで白日夢のように、晴れ渡った空の下、カラカラと車輪を回しながら、屈強な男が車を引いて走り去る。あれは上野か浅草か、いや京都だったろうか。かつて日本中に二十二万台あったといわれる、日常交通としての人力俥ではない、観光ガイドを兼ねた平成の人力俥、いわゆる「観光人力俥」が今彼方此方で元気に走り回っている。なかでも湘南の古都鎌倉を走る観光人力俥は、箱根の東側ではもっとも古い二十年の歴史を持つ。その二十年の歴史を切り開いてきたのが、鎌倉有風亭の青木登である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現代に生きる人力俥(人力俥とは?
  • 観光人力俥
  • 鎌倉人力俥夫
  • 現代の人力俥と俥夫の技術)
  • 第2章 鎌倉人力俥巡り(北鎌倉コース
  • 旧鎌倉コース
  • 太平記コース
  • 扇ガ谷・長谷・由比ヶ浜コース)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人力車が案内する鎌倉
著作者等 青木 登
書名ヨミ ジンリキシャ ガ アンナイスル カマクラ
書名別名 Jinrikisha ga annaisuru kamakura
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2003.9
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4334032133
NCID BA63659315
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20477834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想