免疫と腸内細菌

上野川修一 著

免疫とは「自己は排除しないが、非自己は排除する」仕組みだ。では、なぜ体内の菌-腸内細菌は、「非自己」にもかかわらず排除されないのだろう?そこにまさしく「共生関係」の不思議がある。私たちの免疫系は腸内細菌なしでは形成されず、私たちはこの世に生存することはできないのである。なぜヨーグルトは体にいいのか?話題のプロバイオティクスとは?免疫と腸内細菌の切っても切れない関係を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 腸内細菌の謎
  • 第1部 免疫と腸内細菌(免疫の基礎知識
  • 腸管免疫と腸内細菌
  • アレルギーと自己免疫疾患
  • 細菌の話)
  • 第2部 病気と腸内細菌(腸内細菌にはどんなものがあるのか
  • 腸内細菌叢のバランスはなぜ崩れるのか
  • 病気と腸内細菌)
  • 第3部 食物と腸内細菌(食生活と腸内細菌
  • プロバイオティクスとは
  • プレバイオティクスとは
  • 腸内細菌と二一世紀の食品)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 免疫と腸内細菌
著作者等 上野川 修一
書名ヨミ メンエキ ト チョウナイ サイキン
書名別名 Men'eki to chonai saikin
シリーズ名 平凡社新書
出版元 平凡社
刊行年月 2003.9
ページ数 183p
大きさ 18cm
ISBN 4582851959
NCID BA63625925
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20505209
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想