男うた女うた  男性歌人篇

佐佐木幸綱 著

千年を超える短歌の歴史のなかで、男たちはさまざまな主題を歌い続けてきた。憧れの女性を射止めた喜び、わが子誕生の感慨、戦場における極限体験、不遇のうちに世を去る無念。さらには、美酒に酔いしれる至福や、スポーツ観戦の興奮までも歌い上げている。本書では『万葉集』から現代短歌までを見渡し、バラエティに富んだ六十首を選りすぐって鑑賞。三十一文字に込められた男たちの思いを鮮やかに蘇らせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 安見児得たり(藤原鎌足)
  • かぎろひ(柿本人麻呂)
  • 辞世歌(山上憶良)
  • 不覚の涙(大伴旅人)
  • 遠い船歌(大伴家持)
  • 国家公務員の旅(田口益人)
  • 妻の似顔絵(物部古麻呂)
  • 労働歌(作者未詳)
  • 娘の恋人(作者未詳)
  • 念力パワー(作者未詳)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 男うた女うた
著作者等 佐佐木 幸綱
書名ヨミ オトコウタ オンナウタ
書名別名 Otokota onnauta
シリーズ名 中公新書
巻冊次 男性歌人篇
出版元 中央公論新社
刊行年月 2003.9
ページ数 188p
大きさ 18cm
ISBN 4121017153
NCID BA6362023X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20501679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想