イスラーム世界の女性たち

白須英子 著

「妻は四人まで」の男社会、ブルカのような民族衣装を強制され虐げられる女たち-。イスラームの世界を「別世界」と考えてはいないだろうか。シバの女王から現代サウジのプリンセスまで、彼女たちはいかに苦しみ、楽しみ、権力をも握り、暮らしてきたのか。中東を中心に、アッラーの教えを守りながら生きる女性たちの真の姿を描いて、誤解と偏見に満ちたイスラーム観に一石を投ずる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 シバの女王の系譜
  • 第2章 イスラーム伝承に見る女性に関する五つの書
  • 第3章 イスラームの平等意識
  • 第4章 男女関係
  • 第5章 男の誇り
  • 第6章 女性隔離の風習
  • 第7章 女の長風呂「ハマーム」の愉しみ
  • 第8章 後宮からの脱出
  • 第9章 革命の蔭に女あり
  • 第10章 サウジアラビアのあるプリンセスの告白

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラーム世界の女性たち
著作者等 白須 英子
書名ヨミ イスラーム セカイ ノ ジョセイタチ
書名別名 Isuramu sekai no joseitachi
シリーズ名 文春新書
出版元 文芸春秋
刊行年月 2003.9
ページ数 236p
大きさ 18cm
ISBN 416660340X
NCID BA63619638
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20477850
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想