山、わが生きる力

白籏史朗 著

南アルプスからヒマラヤまで、"心の山"を求め続ける写真家魂の記録。失われたモラル、物質文明への反撥を語り、生きること、可能性への努力の意味を、山岳写真の巨匠が、味わい深い言葉で語り伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人生は自分だけの力で歩く道である
  • パイオニアワーク-新しい世界への挑戦
  • 青春時代の"山"
  • 山での歓び-生きる歓びの確認と山の怖さ
  • 山との出会い、そして目覚め
  • 魅入られし山「南アルプス」
  • 独立への苦悩
  • 仕事に対する姿勢
  • 遭難-死の恐怖と別離の悲しみ
  • 孤独と連帯感
  • 失われたモラル
  • 山に見るエゴイズム
  • 物質文明への反撥
  • 厳しかった登山の想い出

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山、わが生きる力
著作者等 白籏 史朗
書名ヨミ ヤマ ワガ イキル チカラ
出版元 新日本出版社
刊行年月 2003.8
ページ数 270p 図版12枚
大きさ 22cm
ISBN 4406030190
NCID BA63614011
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20474761
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想