志ん朝の落語  1 (男と女)

古今亭志ん朝 著 ; 京須偕充 編

「古臭い噺に一カ所だけ風穴を開ければいいんだよ」。古典を演じながらも、絶妙の間、雰囲気を壊さない新鮮なくすぐり、持ち前の明るさと品のよさとで、類稀なる落語世界を作り上げた、古今亭志ん朝。その落語を活字で再現!第一巻は「男と女」。志ん朝ならではの色気漂う噺集。各話に編者解説、口絵に志ん朝の高座姿と遺品のノートの写真を入れる。「明烏」「品川心中」「厩火事」「お直し」他十二編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 明烏
  • 品川心中
  • 厩火事
  • お直し
  • お若伊之助
  • 駒長
  • 三年目
  • 崇徳院
  • 搗屋幸兵衛
  • 真景累ヶ淵 豊志賀の死
  • 文違い
  • 締め込み

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 志ん朝の落語
著作者等 京須 偕充
古今亭 志ん朝
書名ヨミ シンチョウ ノ ラクゴ
書名別名 男と女
シリーズ名 ちくま文庫
巻冊次 1 (男と女)
出版元 筑摩書房
刊行年月 2003.9
ページ数 462p
大きさ 15cm
ISBN 448003871X
NCID BA63599188
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20478224
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想