カウンセリング・スキルを学ぶ : 個人心理療法と家族療法の統合

平木典子 著

近年、カウンセリング活動が盛んになってきたことの裏には、心理的支援を必要とする人々が増えたことがあげられる。不登校・ひきこもり・落ち着きのない子の増加、いじめ・非行の凶悪化、青年の無気力化・心理的問題の身体化、離婚・子女虐待・自殺の増加など、社会的・経済的不安をも反映したメンタルヘルスの問題は後を絶たず、さまざまな場でカウンセラーの対応が求められるようになった。本書は豊富な臨床経験を持つ著者が、カウンセリングの基本的考え方から現場での問題解決に有効な技法のエッセンス、プロの心理臨床家としての姿勢までをわかりやすく解説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 カウンセリングの考え方(カウンセリングの話
  • 統合的心理療法-関係療法中心の統合の試み
  • 家族臨床 私の見立て-統合的心理療法の視点から
  • カウンセラーにおけるジェンダーの問題-隠された家族病理 ほか)
  • 第2部 臨床現場における実践(家族の問題とカウンセリング
  • 家族療法の過程と技法-初期面接を中心に
  • 家族ロールプレイ(家族療法家のための教育分析の試み
  • 家族療法家の教育分析の事例)
  • 個人心理療法と家族療法の接点-大学生のカウンセリング事例 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カウンセリング・スキルを学ぶ : 個人心理療法と家族療法の統合
著作者等 平木 典子
書名ヨミ カウンセリング スキル オ マナブ : コジン シンリ リョウホウ ト カゾク リョウホウ ノ トウゴウ
書名別名 Kaunseringu sukiru o manabu
出版元 金剛
刊行年月 2003.9
ページ数 249p
大きさ 22cm
ISBN 4772407871
NCID BA63575226
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20565899
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想