ここまできた接着技術 : 大きく変わる短時間硬化機能

柳原榮一 著

我々の生活と接着剤とは切っても切れない関係にあることはよく知られている。これは接着剤が金属、プラスチック、木材、セラミックスなど多くの材料の接合に使用されていることからも明らかである。必然的に応用分野も電子・電気機器、航空機・自動車・鉄道車輌の輸送機器、さらには家屋・家具から身の回り品などと多彩である。反面、ハウスシック、素材のリサイクル時の障害などの課題もある。本書は、これらの接着技術の最新動向をまとめたもの。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 接着接合の利点と欠点
  • 第2章 接着の基礎
  • 第3章 接着剤の種類と特徴
  • 第4章 接着性の改善方法
  • 第5章 接着剤と接着の評価方法
  • 第6章 接着作業
  • 第7章 接着継手の耐久性
  • 第8章 トラブルの発生要因とその対策
  • 第9章 電子・電気機器における接着の適用事例
  • 第10章 輸送機器における接着
  • 第11章 身の回り品への接着と接着剤

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ここまできた接着技術 : 大きく変わる短時間硬化機能
著作者等 柳原 栄一
書名ヨミ ココマデ キタ セッチャク ギジュツ : オオキク カワル タンジカン コウカ キノウ
書名別名 Kokomade kita secchaku gijutsu
シリーズ名 K books series 179
出版元 工業調査会
刊行年月 2003.9
ページ数 244p
大きさ 19cm
ISBN 4769341679
NCID BA63558486
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20562532
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想