伊豆の踊子 温泉宿 : 他四篇

川端康成 作川端康成 作

旧制第一高等学校に入学した川端康成(1899‐1972)は、1918(大正7)年秋、初めて伊豆に旅をして、天城峠を越えて下田に向かう旅芸人の一行と道連れになった。ほのかな旅情と青春の哀歓を描いた青春文学の傑作「伊豆の踊子」のほか、祖父の死を記録した「十六歳の日記」など、若き川端の感受性がきらめく青春の叙情六篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伊豆の踊子 温泉宿 : 他四篇
著作者等 川端 康成
書名ヨミ イズ ノ オドリコ. オンセンヤド : ホカ シヘン
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.9
版表示 改版.
ページ数 240p
大きさ 15cm
ISBN 4003108116
NCID BA63520020
BN05060719
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20486878
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想