老荘と仏教

森三樹三郎 著

西域より移入以来、二千年の歴史をもつ中国仏教。中国人はこの外来思想をどのように受容したのか?老荘の「無」の思想を通じた、仏教の根本義「空」の理解に始まり、自力の道「禅」・他力の道「浄土」という二大中国的仏教の誕生へ。老荘思想を中心に中国の知の歴史をたどりつつ、インド・中国思想のダイナミックな交流を深く、また明晰に追究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 老荘思想-中国的世界観
  • 老荘思想と仏・道二教
  • 道教の発生と展開
  • 中国知識人の仏教受容
  • 中国思想における超越と内在
  • 中国における空の思想
  • 思想史における善導の地位
  • 『無量寿経』三訳にみる「自然」
  • 死の象徴としての阿弥陀仏

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 老荘と仏教
著作者等 森 三樹三郎
書名ヨミ ロウソウ ト ブッキョウ
書名別名 Roso to bukkyo
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2003.9
ページ数 299p
大きさ 15cm
ISBN 4061596136
NCID BA63505719
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20462764
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想