ライシャワー大使日録

エドウィン・O.ライシャワー, ハル・ライシャワー 著 ; 入江昭 監修

一九六〇年代初頭、ケネディ政権下に異色の駐日大使が誕生した。その名はライシャワー。東京生まれの日本育ちで、米国きっての知日家として知られ、ハーヴァード大学教授であった彼に、この時から外交官という新たな顔が加わった。沖縄返還、ケネデイ暗殺、ベトナム戦争等、内外に緊張が高まりゆくなか、「学者大使」が五年余の苦闘を綴った滞日記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一九六一年「学者大使」誕生す
  • 一九六二年「人生の目的を見つけた」日々
  • 一九六三年高揚の果ての「ケネディの死」
  • 一九六四年刺傷事件を乗り越えて
  • 一九六五年ベトナム戦争の暗雲
  • 一九六六年惜しまれての辞任

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ライシャワー大使日録
著作者等 Reischauer, Edwin O.
Reischauer, Edwin Oldfather
Reischauer, Haru Matsukata
入江 昭
Reischauer Haru
ライシャワー ハル
ライシャワー エドウィン・O.
書名ヨミ ライシャワー タイシ ニチロク
書名別名 Raishawa taishi nichiroku
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2003.9
ページ数 324p
大きさ 15cm
ISBN 4061596128
NCID BA63505628
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20462758
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想