「イラク」後の世界と日本 : いま考えるべきこと、言うべきこと

姜尚中 ほか著

[目次]

  • アメリカはなぜイラクを攻撃したのか(アメリカ内の二つの流れ
  • 第三の道はあるのか ほか)
  • ジャーナリズムは何を伝え、何は伝えなかったのか(アメリカの市民が見ていないもの
  • 戦況報道の陰で ほか)
  • グローバリゼーションのなかの日本の選択(「普通の国」になるとは?
  • 日本の経済構造の向かう先)
  • 日本は北朝鮮とどう向き合うべきか(「国交がないから脅威なのです」
  • 多国間の枠組みを)
  • 市民として何をなすべきか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「イラク」後の世界と日本 : いま考えるべきこと、言うべきこと
著作者等 きくち ゆみ
姜 尚中
渡辺 治
田島 泰彦
書名ヨミ イラクゴ ノ セカイ ト ニホン : イマ カンガエルベキ コト ユウベキ コト
書名別名 Irakugo no sekai to nihon
シリーズ名 岩波ブックレット no.605
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.9
ページ数 71p
大きさ 21cm
ISBN 4000093053
NCID BA63505468
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20486274
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想