取調べの心理学 : 事実聴取のための捜査面接法

R.ミルン, R.ブル 原著 ; 原聰 編訳

本書の目的は、捜査面接に関する心理学の手軽でかつ実際的な指針を、該当する専門家に提供することである。本書の特徴は捜査面接に関係している基礎的理論と研究にある。そのために、証人や被疑者(社会的弱者を含む)に対する面接法の最も効果的な方法について、心理学者が何を知っているかについて概観している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 導入-捜査面接の重要性
  • 第2章 人々はどのように想起するのか
  • 第3章 認知面接
  • 第4章 会話の管理
  • 第5章 警察の面接で何が起きているのか
  • 第6章 虚偽の証言
  • 第7章 面接に困難のある人々への面接
  • 第8章 子どもの面接
  • 第9章 訓練
  • 第10章 結論と将来の発展に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 取調べの心理学 : 事実聴取のための捜査面接法
著作者等 Bull, Ray
Milne, Rebecca
原 聰
Bull Ray H.C.
Miline Rebecca
ブル レイ
原 聡
ミルン レベッカ
書名ヨミ トリシラベ ノ シンリガク : ジジツ チョウシュ ノ タメノ ソウサ メンセツホウ
書名別名 Investigative interviewing
シリーズ名 法と心理学会叢書
出版元 北大路書房
刊行年月 2003.8
ページ数 277p
大きさ 21cm
ISBN 4762823260
NCID BA63471672
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20462726
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想