火 : その創造性と破壊性

スティーヴン・J.パイン 著 ; 大平章 訳

かつて火は創造者として、地球の再生に寄与してきた。しかし現在では、火は世界を終焉に導くものとして捉えられ敵視される。著者は、歴史学者として火と人間の相互作用の歴史をたどり、自然の火の積極的な役割を明らかにするとともに、火の世界地図を描き、さらには森林消防隊員としての経験と情熱から、破壊的な火の脅威に、いかに対処すべきかを説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 煙の報告
  • 第2章 状況判断
  • 第3章 火災多発地帯での防火
  • 第4章 火の抑制
  • 第5章 火の後始末
  • 第6章 最後の煙の後で

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 火 : その創造性と破壊性
著作者等 Pyne, Stephen J
大平 章
パイン スティーヴン・J.
書名ヨミ ヒ : ソノ ソウゾウセイ ト ハカイセイ
書名別名 World fire
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2003.9
ページ数 484, 41p
大きさ 20cm
ISBN 4588022148
NCID BA63465035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20529923
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想