無作為化比較試験 : デザインと統計解析

丹後俊郎 著

本書は、RCTの統計学的デザインと評価を考える入門書を目指している。筆者が係わってきた医薬品開発における臨床治験のコントローラー・医学統計アドバイザーの業務、薬事審議会新薬調査会委員などの経験を基に、RCTに必要な「統計学的考え方、統計モデル」を具体的事例を通してまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 RCTの原理
  • 2 無作為割り付けの方法
  • 3 目標症例数:標本サイズの計算
  • 4 経時的繰り返し測定の評価
  • 5 臨床的同等性・非劣性の評価
  • 6 グループ逐次デザイン
  • 7 複数のエンドポイントの評価
  • 8 外国臨床試験成績の日本への外挿-ブリッジング試験
  • 9 群内・群間変動に係わるRCTのデザイン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 無作為化比較試験 : デザインと統計解析
著作者等 丹後 俊郎
書名ヨミ ムサクイカ ヒカク シケン : デザイン ト トウケイ カイセキ
シリーズ名 医学統計学シリーズ / 丹後俊郎 編 5
出版元 朝倉書店
刊行年月 2003.8
ページ数 203p
大きさ 22cm
ISBN 4254127553
NCID BA63463969
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20465222
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想