時が刻むかたち

奥村昭雄 著

環境と時間の繰り返しから生まれるかたちは、限りなく複雑で、かつ美しい。こうしたかたちは自然のリズムのなかでどのようにしてつくられるのだろうか。たとえば蔓はどのように巻きつくのか。巻き貝は連続的に成長できるのか。木曽谷の景観は四〇〇年の間にどのように激変したのか。自然の力を建築に利用して快適さの質を追求してきた建築家による人と自然の博物誌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 樹形を読む(種子の旅
  • しだれる ほか)
  • 第2章 木曽谷物語(木曽谷の民家
  • ある地変-四〇〇年の語り継ぎ
  • 真理姫の五輪塔)
  • 第3章 不思議な生き物(日本蜜蜂の生活
  • 猫のイブ
  • 巻き貝、その成長の不思議)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時が刻むかたち
著作者等 奥村 昭雄
書名ヨミ トキ ガ キザム カタチ : ジュモク カラ シュウラク マデ
書名別名 樹木から集落まで
シリーズ名 百の知恵双書 4
出版元 OM : 農山漁村文化協会
刊行年月 2003.8
ページ数 175p
大きさ 25cm
ISBN 4540031546
NCID BA63447496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20471293
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想