心の科学と哲学 : コネクショニズムの可能性

戸田山和久 ほか編

[目次]

  • コネクショニズムという考え方
  • 第1部 コネクショニズムのどこが新しいのか(「分散表象」は認知の説明にはたして役立つのか?
  • 「表象なしのコネクショニズム」とその行方
  • 新しい認知の理論としてのコネクショニズムの可能性)
  • 第2部 フォークサイコロジー(素朴心理学)の運命(素朴心理学が静かに消える日
  • コネクショニズムは素朴心理学に対して何か言えるのだろうか-「心」が頭の中にあるためのミニマルな条件
  • ニューラルネットワークは幸せになれるか?-コネクショニズムと消去主義の倫理学的含意)
  • 第3部 コネクショニズムを超えて(言語機能における記号主義とコネクショニズムの統合-ロボットにことばを理解させるには
  • コネクショニズムと日常的推論
  • ピクトリアリズムと像的論理
  • 表象主義を超えて-イナクション理論の射程)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心の科学と哲学 : コネクショニズムの可能性
著作者等 戸田山 和久
服部 裕幸
柴田 正良
美濃 正
書名ヨミ ココロ ノ カガク ト テツガク : コネクショニズム ノ カノウセイ
出版元 昭和堂
刊行年月 2003.7
ページ数 300p
大きさ 21cm
ISBN 4812203155
NCID BA63434213
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20457711
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想