ディジタルICの実用回路入門

土肥浩 著

本書では、学生時代にいちおうは論理回路やディジタルIC回路の授業を受けた覚えがある人、すなわち基本的な知識は習ったが、これまで実際に自分で設計したり組み立てたりした経験はないという人を対象として、一歩だけ実用回路に向けて踏み込んだ入門書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ディジタルICの基礎(ディジタルIC
  • TTL ほか)
  • 第2章 データシートの読み方(74シリーズの名前のつけ方
  • データシート ほか)
  • 第3章 基本ICの使い方(ゲートIC
  • デコーダ・デマルチプレクサ ほか)
  • 第4章 基本ICの内部回路構成(Dラッチ
  • Dフリップフロップ ほか)
  • 第5章 応用回路(発振回路
  • 簡易入出力回路 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ディジタルICの実用回路入門
著作者等 土肥 浩
書名ヨミ ディジタル IC ノ ジツヨウ カイロ ニュウモン
書名別名 Dijitaru IC no jitsuyo kairo nyumon
出版元 オーム社
刊行年月 2003.8
ページ数 233p
大きさ 21cm
ISBN 4274036049
NCID BA63408745
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20463303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想