動物学者のみた自然は警告する : これからの私たちの生活

長澤弘 著

世間を騒がせているSARS、西ナイル熱など新しい感染症蔓延の根本的な原因は自然破壊にある。自然環境の悪化は目に見える影響を及ぼすだけではなく、私たちの心も蝕んでいるのだ。現代に漂う漠然とした不安も自然と無関係ではない。どうする?本書では、生命科学の研究を通じ得た著者の視点から新たに環境問題を捉えなおし、これからのあるべきライフスタイルを提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生態系
  • 2 森林の破壊
  • 3 温暖化
  • 4 酸性雨
  • 5 オゾン層の破壊
  • 6 野生動物
  • 7 外因性内分泌攪乱化学物質(内分泌攪乱物質、環境ホルモン)
  • 8 自然破壊と病気
  • 9 これからの私たちの生活

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物学者のみた自然は警告する : これからの私たちの生活
著作者等 長澤 弘
書名ヨミ ドウブツガクシャ ノ ミタ シゼン ワ ケイコクスル : コレカラ ノ ワタクシタチ ノ セイカツ
出版元 アドスリー : 丸善出版事業部
刊行年月 2003.9
ページ数 226p
大きさ 22cm
ISBN 490065941X
NCID BA63400834
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20473391
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想