集団と自我発達 : 障害児教育の専門性と授業づくり

白石恵理子, 全障研草津養護学校サークル 編著

[目次]

  • 第1章 「意味の世界」をとらえ、「意味をつくる」自分に出会う-劇あそびを通して、重症児の発達を考える
  • 第2章 仲間と響き合える教室をつくるために
  • 第3章 子どもたちの主体性を育むために-重度知的障害をもつ子どもたちの五年間を振り返って
  • 第4章 友だちとの学びあいと自分づくり-軽度発達障害(高機能自閉症)のしんちゃんを中心に
  • 第5章 集団の中で、自分への信頼感を育む-アキくんの小学部六年間を振り返って
  • 第6章 学校づくりと教育実践をつなぐ-教育相談係の役割
  • 第7章 集団と自我発達-障害児教育の専門性と授業づくり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 集団と自我発達 : 障害児教育の専門性と授業づくり
著作者等 全障研草津養護学校サークル
白石 恵理子
書名ヨミ シュウダン ト ジガ ハッタツ : ショウガイジ キョウイク ノ センモンセイ ト ジュギョウズクリ
シリーズ名 21障害児教育実践シリーズ 10
出版元 クリエイツかもがわ : かもがわ出版
刊行年月 2003.8
ページ数 260p
大きさ 19cm
ISBN 4902244098
NCID BA63363090
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20468571
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想