死にゆく妻との旅路

清水久典 著

高度成長期、縫製一筋に生きてきた私は小さな工場を経営し、苦しくとも充実した日々を送っていた。が、中国製の安価な製品が容赦なく経営を圧迫し始める。長引く不況、膨れ上がる借金。万策尽き果てた時、私は妻のガンを知った…。「これからは名前で呼んで」呟く妻、なけなしの五十万円、古ぼけたワゴン。二人きりの最後の旅が始まった-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 冬の日
  • 第1章 一緒に-西へ
  • 第2章 腕の温もり
  • 第3章 鳥取砂丘
  • 第4章 富士山
  • 第5章 夏の海辺、死の影
  • 第6章 鈴の音
  • 終章 喪の時

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死にゆく妻との旅路
著作者等 清水 久典
書名ヨミ シニユク ツマ トノ タビジ
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2003.9
ページ数 216p
大きさ 16cm
ISBN 4101186219
NCID BA63335594
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20464846
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想