中国の古代文学  1

白川静 著

中国文学の原点である『詩経』と『楚辞』の成立、発想、表現を、『記紀万葉』と対比し考察する。古代共同体的な生活が破壊され、封建制が根付いたとき、人々はそれぞれの運命におそれを抱き、そこに古代歌謡が生まれた。この巻でとり扱った時期は、古代中国人が神を発見し、また失う過程を示すものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 文学史の方法
  • 第2章 神話と経典
  • 第3章 発想と表現
  • 第4章 古代歌謡の展開
  • 第5章 詩篇の諸相
  • 第6章 物語について
  • 第7章 思想と文学
  • 第8章 楚辞文学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国の古代文学
著作者等 白川 静
書名ヨミ チュウゴク ノ コダイ ブンガク
書名別名 Chugoku no kodai bungaku
シリーズ名 中公文庫
巻冊次 1
出版元 中央公論新社
刊行年月 2003.7
版表示 改版.
ページ数 423p
大きさ 16cm
ISBN 4122042402
NCID BA63325036
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20448069
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想