病者の文学-正岡子規

黒澤勉 著

本書は正岡子規の生涯と文学活動について解説したものである。子規の作品についての注釈や解説はきわめて少ない。また、現代の読者にとって理解しにくい作品も多い。本書は、作品それ自体を深く理解する、読み取ることをめざした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 子規の生涯と文学活動
  • 第2章 「子規」の誕生
  • 第3章 『松蘿玉液』
  • 第4章 『墨汁一滴』
  • 第5章 『仰臥漫録』考
  • 第6章 『病床六尺』の世界
  • 第7章 子規短歌におけるユーモア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 病者の文学-正岡子規
著作者等 黒沢 勉
書名ヨミ ビョウシャ ノ ブンガク - マサオカ シキ
書名別名 Byosha no bungaku - masaoka shiki
シリーズ名 SBC学術文庫 122
出版元 信山社 : 信山社出版
刊行年月 2003.7
版表示 全訂新版.
ページ数 334p
大きさ 22cm
ISBN 4860750527
NCID BA63317504
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20563729
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想