総動員体制と映画

加藤厚子 著

戦時下、「映画国策」の名のもとに行なわれた数々の映画統制政策。日本国内はもとより満洲、中国、南方、朝鮮、台湾などの日本支配地で繰り広げられた映画政策の現実を丹念にたどることで、「映画と国民国家」の関係を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 総合的映画統制への模索-映画国策への道(総合的映画統制構想の出現
  • 映画法制定による統制体制の樹立)
  • 第2部 映画国策の確立と戦時国民動員の実施(映画臨戦体制による映画産業の再編
  • 製作から興行にいたる総合計画の形成)
  • 第3部 映画国策による国民動員の限界(大陸における映画工作の展開
  • 日本支配地における映画工作の展開
  • 映画産業による自治的統制への移行)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 総動員体制と映画
著作者等 加藤 厚子
書名ヨミ ソウドウイン タイセイ ト エイガ
書名別名 Sodoin taisei to eiga
出版元 新曜社
刊行年月 2003.7
ページ数 337p
大きさ 22cm
ISBN 4788508664
NCID BA63314437
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20474750
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想