企業福祉の制度改革 : 多様な働き方へ向けて

橘木俊詔, 金子能宏 編著

企業の活力維持と多様な働き方の実現をどう両立させていくか。企業福祉を再構築するための視座を、国際比較や実証分析に基づき提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜ、いま、企業福祉なのか
  • 第1部 企業は福祉にどこまで関与すべきか(企業、福祉からの撤退あってよい
  • 企業別社会保険代行機関の可能性と限界-健康保険組合、厚生年金基金の役割と社会保障改革)
  • 第2部 女性労働を支援する制度設計とは(就業支援政策の長期的効果-育児期のキャリア形成という視点から
  • 育児休業法と女性労働 ほか)
  • 第3部 企業年金のあり方とは(確定給付年金と確定拠出年金の望ましい組合せ
  • 日本の年金基金によるコーポレート・ガバナンス活動の可能性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業福祉の制度改革 : 多様な働き方へ向けて
著作者等 周 燕飛
宮里 尚三
森田 陽子
横山 由紀子
橘木 俊詔
赤石 浩一
金子 能宏
駒村 康平
中村 浩一郎
書名ヨミ キギョウ フクシ ノ セイド カイカク : タヨウナ ハタラキカタ エ ムケテ
シリーズ名 経済政策分析シリーズ / RIETI 編 6
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2003.9
ページ数 244p
大きさ 22cm
ISBN 4492394117
NCID BA63306224
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20466332
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想