なるほどわかった!クローンのこと : クローン人間は幸せか?

中内光昭 著

本書は、「クローン人間」に代表される「クローン」という言葉にまつわるさまざまな現象を、「ことば」の底にある「いのち」の仕組みまで掘り下げて、知識を整理しつつ、一般向けに解説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「クローン」て何のこと
  • 「クローン」を理解するために
  • 遺伝子は何をしている?
  • 自然界にはクローンがいっぱい
  • クローンをめぐる三つの疑問
  • 好奇心が科学を育てる
  • クローン技術の歩み
  • ドリーの誕生
  • クローン動物が持つ可能性
  • クローン技術への期待と不安
  • 「クローン人間」とは何か
  • 「クローン人間」を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なるほどわかった!クローンのこと : クローン人間は幸せか?
著作者等 中内 光昭
書名ヨミ ナルホド ワカッタ クローン ノ コト : クローン ニンゲン ワ シアワセカ
出版元 グラフ社
刊行年月 2003.8
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 4766207602
NCID BA63276746
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20453836
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想