現地化する中国進出日本企業

経営労働協会 監修 ; 関満博, 範建亭 編

「安価な労働力源」から「世界市場に向けた輸出生産拠点」へ。"世界の工場"中国の劇的な変貌を経て、日本企業は今、対中進出の新たな課題に立ち向かっている。現地の人々との人間的な関わり方、高コスト是正の方法など、日本企業が抱えるさまざまな問題群を精査し、新しい「現地化」の具体像を眺望した生きた現場報告。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本企業の中国進出の新段階
  • 第2章 進出企業の現地化をめぐる諸問題
  • 第3章 統括会社の現状と課題
  • 第4章 長江下流域/国内市場に向けた戦略展開
  • 第5章 華南地域/世界の輸出拠点と現地化
  • 第6章 現地化の新たな挑戦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現地化する中国進出日本企業
著作者等 範 建亭
経営労働協会
関 満博
書名ヨミ ゲンチカスル チュウゴク シンシュツ ニホン キギョウ
書名別名 Genchikasuru chugoku shinshutsu nihon kigyo
出版元 新評論
刊行年月 2003.9
ページ数 255p
大きさ 22cm
ISBN 4794806094
NCID BA63272326
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20460955
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想