新聞記者という仕事

柴田鉄治 著

新聞がもっとも輝いていた時代。それは戦争に対する切ないほどの反省の上に立った新聞ジャーナリズムが、日本の再生に向けて真摯な言論活動を行なっていたころだった。いま、その時代の熱気はどこへいってしまったのか。新聞記者として、長く第一線で活躍してきた著者が、熱い時代の自身を語りつつ、変質していく新聞への厳しい批判を展開する。新聞史上に残るスクープや調査報道が、なぜ最近見られなくなったのか。新聞の再生には何が必要なのか。著者渾身の新聞ジャーナリズム論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 新聞の危機
  • 第1章 新聞の輝き
  • 第2章 テレビと新聞
  • 第3章 新聞の弱点
  • 第4章 新聞と調査報道
  • 第5章 新聞の落とし穴
  • 第6章 読売・朝日の憲法対決
  • 第7章 新聞復権への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新聞記者という仕事
著作者等 柴田 鉄治
書名ヨミ シンブン キシャ ト ユウ シゴト
書名別名 Shinbun kisha to yu shigoto
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2003.8
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4087202054
NCID BA63259292
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20485545
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想