オールコックの江戸

佐野真由子 著

一九世紀半ば、江戸‐ロンドン間の文書のやりとりに蒸気船で半年近くを要した時代、一人の外交官が担う責任は、今日とは比較にならないほど大きかった。そんな時代、日英関係の仕事は、初代駐日公使ラザフォード・オールコックの手に完全に託されていたといってよい。本書は、一八五九年から六二年まで、日本の外交にとって決定的に重要だった三年間の彼の思考と行動を、在外史料を駆使していきいきと描いた幕末物語である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 広東から江戸へ
  • 第2章 上陸
  • 第3章 神奈川問題
  • 第4章 江戸駐在代表の生活
  • 第5章 アメリカ公使との確執
  • 第6章 一八六一年夏
  • 第7章 ロンドンへ
  • 終章 歴史への奉仕者

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オールコックの江戸
著作者等 佐野 真由子
書名ヨミ オールコック ノ エド : ショダイ エイコク コウシ ガ ミタ バクマツ ニホン
書名別名 初代英国公使が見た幕末日本
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2003.8
ページ数 283p
大きさ 18cm
ISBN 4121017102
NCID BA63248525
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20488684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想