史料纂集  135 (長樂寺永祿日記)

峰岸 純夫【校訂】

史料纂集は、史学・文学をはじめ日本文化研究上必須のものでありながら、今日まで未刊に属するところの古記録・古文書の類を中核とし、更に既刊の重要史料中、現段階において全面的改訂が学術的見地より要請されるものをこれに加へ、集成公刊するものである。本書は世良田山長楽寺住持賢甫義哲の日記で、原本は長楽寺の所蔵(群馬県立歴史博物館保管)にかかる。本書は、永禄八年一月より九月にいたる日次記三冊を収めた。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 史料纂集
著作者等 峰岸 純夫
書名ヨミ シリョウ サンシュウ
書名別名 長樂寺永祿日記

Shiryo sanshu
巻冊次 135 (長樂寺永祿日記)
出版元 続群書類従完成会
刊行年月 2003.8
ページ数 401p
大きさ 22cm
付随資料 4p.
ISBN 4797113154
NCID BA63227933
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20619098
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想