鞍馬天狗

川西政明 著

鞍馬天狗は日本人がもっとも親近感をいだくヒーローの一人であろう。生涯に一八一人の人を斬っているが、斬り方や斬る意識が時代によって変わっていく。鞍馬天狗が人を斬る目的は何だったのか、人を斬ることを反省したことはなかったのか。シリーズ四七本の全作品を読みぬいて、これら鞍馬天狗をめぐる謎を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 鞍馬天狗と遊ぶ(人を斬る
  • 敵を殺せ
  • 一度死んだ鞍馬天狗
  • 人を殺してはいけない)
  • 2 鞍馬天狗の歴史観(攘夷
  • 鞍馬天狗の歴史性
  • 討幕
  • 鞍馬天狗の革命観
  • 鞍馬天狗と明治)
  • 後書-アラカンの映画「鞍馬天狗」について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鞍馬天狗
著作者等 川西 政明
書名ヨミ クラマ テング
書名別名 Kurama tengu
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.8
ページ数 205, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4004308518
NCID BA63225676
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20467732
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想