日本の税金

三木義一 著

所得税、法人税、相続税から消費税、地方税まで、日本の税制の仕組みはどうなっているのだろう。なにが問題で、どう変えるべきなのだろう。専門家や政治家・官僚の手にもっぱら委ねられがちな税の問題を市民の目線で検討すると、気づかなかった世界が見えてくる。消費税の大幅引上げが取り沙汰される現在、必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 もっと税金を知ろう
  • 第1章 所得税-給与所得者は優遇されている?
  • 第2章 法人税-選挙権がないので課税しやすい?
  • 第3章 消費税-市民の錯覚が支えてきた?
  • 第4章 相続税-自分の財産までなくなる?
  • 第5章 間接税等-税が高いから物価も高い?
  • 第6章 地方税-財政自主権は確立できたのか?
  • 終章 税金を監視しよう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の税金
著作者等 三木 義一
書名ヨミ ニホン ノ ゼイキン
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.8
ページ数 210p
大きさ 18cm
ISBN 4004308496
NCID BA63225304
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20467730
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想