外務省 : 外交力強化への道

薬師寺克行 著

首脳会談で扉を開いたとたんに拉致・核問題で手詰まりに陥った日朝交渉。イラク戦争にはいち早く支持を表明、新法制定に着手した日米同盟関係。それらの担い手たる外務省とはどういう組織か。豊富な取材と資料をもとに、外務省の体質や政策決定過程のあり方を多角的に検証しながら、外交力を強化するための具体的提言を行なう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日朝交渉の挫折
  • 第2章 変貌する日米同盟
  • 第3章 問われた外務省の体質
  • 第4章 新外交を阻む冷戦の残滓
  • 第5章 内交の時代
  • 第6章 外交力強化への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外務省 : 外交力強化への道
著作者等 薬師寺 克行
書名ヨミ ガイムショウ : ガイコウリョク キョウカ エノ ミチ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.8
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 4004308488
NCID BA63225075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20467727
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想