宗教とはなにか

中村雄二郎 著

宗教的な意識の出発点である「虚無の自覚」は、人間の生命力が自ら発する光とエネルギーを失い、自己が逆光を浴びるときに生ずる。そして宗教は個人の内面の問題にとどまらず、集団・制度に関わる事柄でもある。日本人の宗教意識を宗教的混淆や独特の倫理観から読み込み、オウム真理教事件に対する独自の解釈やイスラム教国での体験などをも織り込んで展開する注目すべき論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 逆光の存在論-「悪」の問題を再考する(「宗教とはなにか」という問いの特殊性
  • 西谷啓治の宗教論を超えて ほか)
  • 第2章 問い直された日本人の宗教心-仏教・儒教・道教(日本人の宗教心を振り返ると
  • 隠されていた儒教 ほか)
  • 第3章 「誠」という道徳的価値(『善の研究』の第三編を読みなおす
  • 「純粋経験」と「善」の研究 ほか)
  • 第4章 先端技術時代の宗教意識(ミンスキー・ショック
  • フランクリンの宗教的態度 ほか)
  • 第5章 イスラム教国でのささやかな体験から(インドネシア、湾岸戦争、モロッコ
  • モロッコ王立アカデミー-旧知のエルマンジャラ氏との出会い ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教とはなにか
著作者等 中村 雄二郎
書名ヨミ シュウキョウ トワ ナニカ : トクニ ニホンジン ニ トッテ
書名別名 とくに日本人にとって

Shukyo towa nanika
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.8
ページ数 157p
大きさ 15cm
ISBN 400600107X
NCID BA63222474
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20466321
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想