中上健次論 : 熊野・路地・幻想

守安敏司 著

生まれ故郷・新宮の路地を見続け差別の構造に向き合い自己を冷徹に対象化した中上作品をフィールドワークする書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 書くこと、被差別、解放
  • 「一番はじめの出来事」と「十九歳の地図」
  • 「岬」まで
  • 「岬」の世界
  • 「枯木灘」へ
  • 「枯木灘」の世界
  • 「枯木灘」以降
  • 「鳳仙花」へ、試論としての「大島」
  • 「鳳仙花」の世界
  • 『熊野集』の世界
  • 『千年の愉楽』の世界
  • 『地の果て 至上の時』の世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中上健次論 : 熊野・路地・幻想
著作者等 守安 敏司
書名ヨミ ナカガミ ケンジ ロン : クマノ ロジ ゲンソウ
書名別名 Nakagami kenji ron
出版元 解放出版社
刊行年月 2003.7
ページ数 316p
大きさ 20cm
ISBN 4759251294
NCID BA63172117
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20565040
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想