物質から生命へ

ヘンリー・ハリス 著 ; 長野敬, 太田英彦 訳

「生命は物質からひとりでに生じてくる」という説は、アリストテレス以来、多くの科学者、哲学者、歴史家を魅了してきた。生命科学の源流に位置する自然発生説が、パストゥールらによって葬り去られるまで、数々の実験と論争を詳細にたどり、科学における"実験"の意味に全く新しい光を投げかける、サイエンス・リーダーの白眉。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 信仰
  • ハエとそのほかの昆虫
  • 微生物
  • フラスコ戦争の開始
  • 唯物論、支持派と否定派
  • 劣化した空気
  • 体内の寄生虫
  • 脱脂綿
  • 細胞の自然発生
  • フランス科学学士院における論争
  • 有害な微粒子
  • イングランドのプーシェ
  • 浮遊する粒子の観察
  • もうひとつの問題に関するエピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物質から生命へ
著作者等 Harris, Henry
太田 英彦
長野 敬
ハリス ヘンリー
書名ヨミ ブッシツ カラ セイメイ エ : シゼン ハッセイセツ ロンソウ
書名別名 Things come to life

自然発生説論争
出版元 青土社
刊行年月 2003.8
ページ数 230, 14p
大きさ 20cm
ISBN 4791760565
NCID BA63152211
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20594570
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想