全人的がん医療

日本死の臨床研究会 編

1970年代に登場した「死の臨床」という実践論は、日本の医療界に静かだが、重いインパクトを与えた。がん告知、疼痛コントロール、ターミナルケア、ホスピス、チーム医療などホスピスムーブメントの台頭を迎える。宗教的観点からみた死の臨床、死の臨床の基礎と実際、ホスピスの役割、医学の歴史における末期医療ほか、61事例を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 植物状態と脳死の問題点
  • ある内科医の反省-死亡六三症例の検討
  • 死の受容と家族の問題
  • 乳幼児重症水頭症の問題点
  • 死に脅える患者の看護-死を否定しながらの数か月
  • 患者と家族の死の受容の差
  • 肉親の死を体験して-ターミナル・ケアに期待すること
  • 秘密の解消と死の受容
  • 宗教的観点からみた死の臨床
  • シンポジウム 死の臨床の基礎と実際〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 全人的がん医療
著作者等 日本死の臨床研究会
書名ヨミ ゼンジンテキ ガン イリョウ
シリーズ名 死の臨床 / 日本死の臨床研究会 編 1
出版元 人間と歴史社
刊行年月 2003.6
版表示 新装・新訂版
ページ数 316p
大きさ 22cm
ISBN 4890071369
NCID BA63147889
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20414303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想