コンスタンチノープル征服記 : 第4回十字軍

ジョフロワ・ド・ヴィルアルドゥワン 著 ; 伊藤敏樹 訳

帝都の侵寇、帝位簒奪、財宝の強奪、不知と内争。聖地エルサレムをめざした十字軍は、一転、方向転換、一体、何故コンスタンチノープルを攻略したのだろうか。ビザンチン亡命皇子の怨念、ヴェネチアの富への野心。さまざまな思わくが渦巻く悪名高き第四回十字軍。戦局の一進一退、遠征軍のおぞましい所業の一部始終を生き生きと描く、フランス文学黎明期の散文学の傑作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コンスタンチノープル征服記 : 第4回十字軍
著作者等 Villehardouin, Geoffroi de
Villehardouin, Geoffroi de, d.
伊藤 敏樹
ヴィルアルドゥワン ジョフロワ・ド
書名ヨミ コンスタンチノープル セイフクキ : ダイ 4カイ ジュウジグン
書名別名 La conquete de Constantinople

Konsutanchinopuru seifukuki
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2003.8
ページ数 391p
大きさ 15cm
ISBN 4061596098
NCID BA6312700X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20443308
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想