トウ小平

矢吹晋 著

稀代のリアリスト、〓(トウ)小平。「白猫黒猫」論の徹底した柔軟思考と、「発展」を目指す鉄の意志とが、百年変わらなかった中国を巨大経済国家に変えた。若き日のパリ留学。蜂起。三度の失脚を乗り越えて世界を牽引する経済建設へ。毛路線を覆し、現代中国の父となった「小さな巨人」の全貌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 綿中に針あり-その横顔
  • 第2章 総書記への道-卓越した実務能力
  • 第3章 改革の総設計師-猫にネズミをとらせよ
  • 第4章 泣いて馬謖を斬る-政治改革のカベ
  • 第5章 最後の闘争-改革の加速
  • 結びに代えて-中華連邦の夢
  • 補論 長すぎた過渡期-江沢民時代の功罪

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トウ小平
著作者等 矢吹 晋
書名ヨミ トウ ショウヘイ
書名別名 To shohei
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2003.8
ページ数 307p
大きさ 15cm
ISBN 4061596101
NCID BA63126018
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20443301
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想