日米架空戦記集成 : 明治・大正・昭和

長山靖生 編

列強の仲間入りを目指した近代日本では、大国を仮想敵国にした架空戦記が数多く書かれた。本書は第二次大戦中までに発表された作品から「空中戦」「新兵器」「諜報戦」「さまざまな銃後」の四テーマ別に十一の短篇を厳選。幻の大勝利を描きながら最新科学の必要性を訴えたものから、非常時下で平和を願う気持ちにあふれるものまで多岐多彩にわたる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日米架空戦記集成 : 明治・大正・昭和
著作者等 有本 芳水
海野 十三
長山 靖生
浅野 一男
書名ヨミ ニチベイ カクウ センキ シュウセイ : メイジ タイショウ ショウワ
書名別名 Nichibei kaku senki shusei
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論新社
刊行年月 2003.7
ページ数 292p
大きさ 16cm
ISBN 4122042348
NCID BA63124260
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20448078
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想