晴れた空曇った顔 : 私の文学散歩

安岡章太郎 著

太宰治、井伏鱒二、志賀直哉、永井荷風、芥川龍之介、島崎藤村、内田百〓、梶井基次郎、そして中上健次まで-作家たちを育んだ風土との対話12篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 東北弁の旅情-山形
  • 暗さのなかの明るさ-弘前
  • 井伏鱒二のふるさと-広島県深安郡加茂村
  • 『幻化』の風土へ-枕崎、坊津、種子島
  • なやましき市井-京都
  • 晴れた空 曇った顔-リヨンという街
  • 流域紀行-隅田川
  • 街道の温もり-木曽路
  • 風景の底にあるもの-百〓さんの岡山
  • 旅人の弁-駿河台の山の上ホテル
  • 雪の翌日花見に行く-身延山へ
  • キンジニヤニヤの猫の声-熊野路

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 晴れた空曇った顔 : 私の文学散歩
著作者等 安岡 章太郎
書名ヨミ ハレタ ソラ クモッタ カオ : ワタクシ ノ ブンガク サンポ
書名別名 Hareta sora kumotta kao
出版元 幻戯書房
刊行年月 2003.7
ページ数 200p
大きさ 20cm
ISBN 4901998048
NCID BA63097317
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20533552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想