ホスピスでむかえる死 : 安らぎのうちに逝った七人の記録

大沢周子 著

高額で、死が告知されないと入れない、宗教的な施設であるという、まちがった認識をもたれやすいホスピスの本当の姿を明らかにする。ホスピスで自らが納得できる最期を迎えることができた二人と、夫や妻として、パートナーを看取った五人の証言と共に、費用の詳細や全国のホスピス病棟の一覧を付記する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「希望」という名の最後の仕事-松沢寿男の語り
  • 第2章 「冬眠」で母親の役割を果たす-高木芙美の語り
  • 第3章 自分が主役の「生と死」のシナリオ-妻を看取った松本祐吉の語り
  • 第4章 抗がん剤治療を断る道を選ぶ-夫を看取った福原智恵子の語り
  • 第5章 なぜもっと早く…-妻を看取った関戸幸雄の語り
  • 第6章 最後まで告知しなかった-夫を看取った村田賀寿子の語り
  • 第7章 ふたつの死-夫を看取った小山内君栄の語り
  • 第8章 総括 ホスピスとは何か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ホスピスでむかえる死 : 安らぎのうちに逝った七人の記録
著作者等 大沢 周子
書名ヨミ ホスピス デ ムカエル シ : ヤスラギ ノ ウチ ニ イッタ シチニン ノ キロク
シリーズ名 文春文庫
出版元 文藝春秋
刊行年月 2003.8
ページ数 290p
大きさ 16cm
ISBN 4167656779
NCID BA63092051
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20435835
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想