グラウンデッド・セオリー・アプローチの実践 : 質的研究への誘い

木下康仁 著

構想から論文執筆までのプロセスをステップ別に解説する、質的研究への究極の入門書、M‐GTAついに登場。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 質的研究とグラウンデッド・セオリー・アプローチ(グラウンデッド・セオリーの理論特性
  • 修正版M‐GTAと他のグラウンデッド・セオリー・アプローチ
  • 質的研究への関心の多様性
  • 数量的研究と質的研究の違い ほか)
  • 第2部 修正版M‐GTAのステップ別分析技法(どんな研究に適しているか
  • 分析上の最重要点
  • 研究テーマの設定
  • データの範囲と収集法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グラウンデッド・セオリー・アプローチの実践 : 質的研究への誘い
著作者等 木下 康仁
書名ヨミ グラウンデッド セオリー アプローチ ノ ジッセン : シツテキ ケンキュウ エノ サソイ
出版元 弘文堂
刊行年月 2003.8
ページ数 257p
大きさ 20cm
ISBN 4335550898
NCID BA63066266
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20591574
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想