貨幣の哲学

エマニュエル・レヴィナス 著 ; ロジェ・ビュルグヒュラーヴ 編 ; 合田正人, 三浦直希 訳

1986年レヴィナスはベルギー銀行協会の要請で「貨幣の両義性」を講演し、翌年にこれを「社会性と貨幣」という論文にまとめた。本書は以上の二稿、講演前の予備対談/編者との往復書簡/編者による哲学的伝記から成る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 プレリュード(エマニュエル・レヴィナスのこの研究が生まれた背景
  • 貨幣とつねに改善される正義-エマニュエル・レヴィナスの視点)
  • 2 「社会性と貨幣」の生成過程(予備的対談 貨幣、貯蓄、貸与に関するエマニュエル・レヴィナスとの予備的対談(一九八六年四月一〇日)
  • 学術講演 貨幣の両義性-ベルギー貯蓄銀行のための貨幣の意味に関する学術講演(一九八六年一二月一一日)
  • 決定版論文(校訂版) 社会性と貨幣(一九八七年五月))
  • 3 ダ・カーポ-敬意を込めた感謝のうちで(往復書簡 ロジェ・ビュルグヒュラーヴ‐エマニュエル・レヴィナス(一九七五年七月一〇日‐八月四日)
  • ある哲学的伝記 エルサレムとアテネのあいだの思想家エマニュエル・レヴィナス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 貨幣の哲学
著作者等 Burggraeve, Roger
Lévinas, Emmanuel
三浦 直希
合田 正人
Levinas Emmanuel
ビュルグヒュラーヴ ロジェ
レヴィナス エマニュエル
書名ヨミ カヘイ ノ テツガク
書名別名 Emmanuel Levinus et la socialite de l'argent
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 779
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2003.8
ページ数 195, 28p
大きさ 20cm
ISBN 4588007793
NCID BA63046101
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20528035
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想