歴史の沈黙 : 語られなかった女たちの記録

ミシェル・ペロー 著 ; 持田明子 訳

本書には30年近くにわたるペローの女性史に関する主要論文が集められ、著者の個人的な道のりと同時に共同の知的冒険を浮かび上がらせる時代の空気が記録されている。本書は、二十世紀後半を特徴づける「性の革命」が引き起こしたあらゆる疑問に貫かれてもいる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「痕跡」としての女性史(女性が記憶をとどめるとき
  • マルクスの娘たちの未刊の手紙 ほか)
  • 第2部 仕事と女性(女性のストライキ
  • 主婦を礼賛する労働者の言説 ほか)
  • 第3部 都市と女性(女性の強さ?男性の権力?
  • 家から出る-社会活動・就職・移住・旅・戦場 ほか)
  • 第4部 人物(社会主義者フロラ・トリスタンのジャーナリズム
  • 政治に関与した初の女性、ジョルジュ・サンド)
  • 第5部 論争点(戦争は両性の関係を変えたか
  • 女性の身体は誰のものか-「初夜権」をめぐって ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史の沈黙 : 語られなかった女たちの記録
著作者等 Perrot, Michelle
持田 明子
ペロー ミシェル
書名ヨミ レキシ ノ チンモク : カタラレナカッタ オンナタチ ノ キロク
書名別名 Les femmes,ou,Les silences de l'histoire
出版元 藤原書店
刊行年月 2003.8
ページ数 572p
大きさ 22cm
ISBN 4894343460
NCID BA63018988
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20449743
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想