厚生省の誕生 : 医療はファシズムをいかに推進したか

藤野豊 著

「健康、余暇を国家管理せよ」政策化された優生思想。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 国家による生命と健康の管理-本書執筆の目的
  • 第1章 厚生省設立の前史
  • 第2章 厚生省の誕生
  • 第3章 厚生運動における「興亜」の理念
  • 第4章 国立公園と「健民地」1
  • 第5章 国立公園と「健民地」2-立山連峰・黒部峡谷の場合
  • 第6章 「無医村」対策の成立と変容
  • 終章 戦後厚生省の過ち-あとがきにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 厚生省の誕生 : 医療はファシズムをいかに推進したか
著作者等 藤野 豊
書名ヨミ コウセイショウ ノ タンジョウ : イリョウ ワ ファシズム オ イカニ スイシンシタカ
出版元 かもがわ
刊行年月 2003.8
ページ数 260p
大きさ 20cm
ISBN 4876997640
NCID BA63007165
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20450482
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想