ノーベル賞の質量分析法で病気を診る

清水章 著

二〇〇二年ノーベル化学賞に輝いた田中耕一氏。彼の生み出した質量分析法はたいへん画期的なものだった。とりわけ病気の診断に欠かせないタンパク質の構造分析を非常に容易にした。わずか一滴の血液で病気を速やかに診断する、これが彼の描く究極の夢だ。共同研究者が田中氏とのエピソードを交えながら、そのしくみをやさしく語る。この一冊で受賞理由と医療への応用のすべてがわかる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 歴史的学会発表-ノーベル賞受賞の意味
  • 2 質量分析とは何か
  • 3 異常ヘモグロビンを診断する
  • 4 ソフトイオン化質量分析法により神経変性疾患を診る
  • 終章 これからの医療に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ノーベル賞の質量分析法で病気を診る
著作者等 清水 章
書名ヨミ ノーベルショウ ノ シツリョウ ブンセキホウ デ ビョウキ オ ミル
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 94
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.7
ページ数 102p
大きさ 19cm
ISBN 4000065947
NCID BA63003459
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20456915
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想