ビアフラ戦争 : 叢林に消えた共和国

室井義雄 著

アフリカの大国ナイジェリアにおいて、かつて凄惨な内戦が勃発した。「兄弟たちの戦争」ともいえるこの戦争では、多数の餓死者を含めて、二百万人もの犠牲者を出したといわれている。なにゆえ人類は、お互いの殺戮を繰り返すのであろうか。熱帯の叢林のなかに静かに消えていった兵士たち、地面にしゃがみ込んでこちらを見据えている子供たち、彼らの無言の叫びを忘れてはならない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 モザイク状の国家
  • 2 植民地時代の遺産
  • 3 内戦前夜
  • 4 長い長い攻防戦
  • 5 ビアフラの内と外

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビアフラ戦争 : 叢林に消えた共和国
著作者等 室井 義雄
書名ヨミ ビアフラ センソウ : ソウリン ニ キエタ キョウワコク
書名別名 Biafura senso
シリーズ名 Historia 18
出版元 山川出版社
刊行年月 2003.7
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 463449180X
NCID BA62984161
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20452887
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想